旭川医科大学教育研究推進センター実験実習機器技術支援部門


Information

クリオスタット(凍結ミクロトーム) 組織室(実験実習機器センター2 1階)内線:2601   一覧に戻る
 担当職員:日下部(2623) 副担当:鈴木(2616)

利用法

 1. 初めての方には、担当者が基本操作方法をご説明します。
(説明をご希望される方は、担当者まで連絡をお願いします)
 2. 利用予定の場合は、予約表に記入して下さい。
 3. 使用後は感染に十分注意しながら、血液、体液、組織等の汚れを除去して下さい。
 4. 切削くずは、ブロアーや柔らかいブラシで除去して下さい。

使用時の注意事項

 1. 試料の取扱前、交換時及び操作していない時は、必ず刃先をナイフガードでカバーし、ハンドホイールをロックすること。
 2. ミクロトームの刃先は非常に鋭利である。取扱には十分注意すること。
 3. 試料のトリミングを行う時は、ハンドホイールをロックし、刃先をナイフガードでカバーすること。
 4. 霜取り動作中は庫内温度が上昇する。温度管理が必要な試料は取り出すこと。
 5. 霜取り動作中は廃液口を常に開くこと。
 6. 庫内の凍結部分に素手で触らないこと。凍傷の原因になる。

クリオスタット(LEICA CM3050S)

切片厚設定範囲  :  0.5 ~ 55μm クリオスタット(LEICA CM3050S)
最大試料サイズ  :  40mmφ
試料水平移動  :  25mm
試料垂直移動  :  59mm
設定温度範囲  :  0℃ ~ -40℃
設定温度到達時間  :  -35℃まで4時間
試料冷却温度範囲  :  -10℃ ~ 50℃(室温22℃)

切片厚設定(0.5~300μm)

 ・ 1 10μm 1μm単位
 ・ 10 20μm 2μm単位
 ・ 20 60μm 5μm単位
 ・ 60 100μm 10μm単位
 ・ 100 300μm 50μm単位