旭川医科大学教育研究推進センター実験実習機器技術支援部門


Information

ポスター出力室 ポスター出力室(実験実習機器センター1 1階)内線:2616            一覧に戻る
 担当職員:鈴木(2616) 副担当:千葉(2645)

利用法

 1. 業務の依頼は1階ポスター出力室に直接申し込むか、メールにファイルの添付をお願いします。メール添付ファイルのポスターの場合、展示するボードの大きさとファイルの形式(OS名 パワーポイントのバージョン)も一緒に明記をおねがいします。
 2. 特殊な依頼については、早めにポスター出力室 担当職員に連絡して下さい。
 3. 出張撮影は原則として行っておりません。
 4. 出来上がりのプリント等はポスター出力室の担当者が直接お届けします。
  メールでの申し込み先 : 鈴木 suzuboo@asahikawa-med.ac.jp

業務内容

• 大判ポスター印刷、各種プリント、スライド・プリント・X線フィルムからデジタル・データー化。

出力装置 大判プリンタ(CANON ImagePROGRAF PRO-4000)

最大用紙幅  :  1,118mm(44inch) 大判プリンタ CANON ImagePROGRAF PRO-4000
最大印刷可能長  :  18m
最高解像度  :  2400×1200dpi
倍率  : 
WINDOWS:PowerPoint、Photoshop、Acrobat
MAC:PowerPoint、Photoshop、Acrobat
用紙種類
 厚口コート  : 61cm、91cm、106cm、111cm
 光沢写真用紙  : 61cm、91cm、106cm、111cm
 布 ソフトクロス  : 91cm、111cm
注)最大幅111cmですので120cmのサイズであっても111cmになります。

※ポイント①
 パワーポイントの用紙設定の上限が142.22cmなのでそれ以上の大きさにプリントしたい時は、
2分の1かその比率で作ってください。プリンタのドライバーで拡大印刷します。
 例:   90×180cmの場合 → 45×90cmまたは70×140cmで作成してください。
    120×240cmの場合 → 55.5×120cmまたは64.8×140cmで作成してください。
               (仕上がりは111×240cmになります)

   90×180cmのポスターを45×90cmで作成方法(PDF)

入力装置 デジタルカメラ(ニコン D5100)

有効画素数  :  16.2M、APS-C、CMOS素子  
記録メディア  :  SD、SDHC、SDXCカード
記録フォーマット  :  RAW/JPEG

入力装置 フラットベットスキャナ(エプソン ES-8500(透過原稿ユニット付))

最大原稿サイズ  :  A3プラス(最大有効領域:310mm×437mm)までの反射原稿、
透過原稿(レントゲン写真など)
 
光学解像度  :  1600dpi

入力装置 フラットベットスキャナ(エプソン GT-X970)

最大原稿サイズ  :  A4(最大有効領域:210mm×297mm)までの反射原稿、
透過原稿(6×7インチネガ、ポジフィルムなど)
 
光学解像度  :  6400dpi