旭川医科大学教育研究推進センター実験実習機器技術支援部門


Information

質量分析計 質量分析計室・準備室(実験実習機器センター1 1階)内線:2620           一覧に戻る
 担当職員:阿久津(2620) 副担当:千葉(2645)

利用法

 1. 試料の測定は利用者からの依頼により担当職員が行ないます。
 2. 前処理(試料の抽出、誘導体化など)の必要な試料は予め利用者に行なってもらいます。
 3. 前処理等については、ご相談下さい。
 4. ESIおよびAPCI測定を行なう試料中に塩が入っている場合はイオン化できません。適切な方法により脱塩処理を行なって下さい。
 5. 用意してあるカラム以外での測定を希望される場合は予め利用者にて用意して下さい。
 6. 利用を希望される方は直接担当職員へ連絡して下さい。
 7. 質量分析室へ入室時は、必ず前室に備え付けのスリッパに履き替えて下さい。
 8. 質量分析に関してわからないことがありましたらお気軽に相談下さい。

液体クロマトグラフ質量分析計(日立ハイテクノロジーズ NanoFrontier eLD)

第1質量分析部  :  リニアイオントラップ型(LIT) 質量分析計 日立ハイテク NanoFrontier eLD
第2質量分析部  :  飛行時間型(TOF)
 質量範囲  :  50 ~ 25,000Da
 分解能  :  15,500以上(FWHM,m/z 1,000)
MS/MSモード  :  CID LIT/TOF、Qq/TOF
 :  ECD 2価以上の多価イオン
イオン源  :  nanoESIイオン源
 :  ESIイオン源
 :  APCIイオン源
nano液体クロマトグラフ(日立ハイテク NanoFrontier nLC)
 ポンプ流量  :  10 ~ 250nl/min
 インジェクタ  :  オートサンプラ注入量 0.1 ~ 50μl
semi液体クロマトグラフ(日立ハイテク LaChrom Elite)
 ポンプ流量  :  0.001 ~ 2.499ml/min
 インジェクタ  :  オートサンプラ注入量 0.1 ~ 50μl
 UV検出器  :  190 ~ 600nm
 フラクションコレクタ  :  ギルソン FC-203
タンパク質同定システム
 MASCOT Server(Windows XPのため質量分析計室・準備室でのみの接続制限)
 Mascot検索ガイド  
 Mascotマニュアル  
 PEAKS  

ガスクロマトグラフ質量分析計(日本電子 JMS-T100GCV)

質量分析部  :  飛行時間型(TOF) 質量分析計 日本電子 JMS-T100GCV
 質量範囲  :  4 ~ 4,000Da
 分解能  :  6,000以上(FWHM)
イオン源  :  EIイオン源
 :  CIイオン源
 :  DEPイオン源
試料導入部
 ガスクロマトグラフ(Hewlett-Packard 7890A) キャピラリカラム専用
 DEPプローブ
 DIPプローブ
データ処理システム  :  Escrime
   :  NIST08(データベース)

共同機器セミナー(学内限定)