旭川医科大学教育研究推進センター実験実習機器技術支援部門


Information

遺伝子解析 遺伝子解析装置室(実験実習機器センター2 2階)内線:2624、2625、2645      一覧に戻る
 担当職員:千葉(2645) 副担当:阿久津(2620)

利用法

 1. はじめて利用される方は、必ず担当者に装置の説明を受けて下さい。
 2. 一人で操作が出来るまで、一緒に操作いたします。
 3. 機器はすべて予約制です。予約表に必要事項を記入下さい。
 4. 予約のキャンセルは早めに担当者へ連絡して下さい。
 5. すべての機器のポリマー、バファー類の交換、メンテナンスは担当者が行います。
 6. 時間外の利用は機器の操作が熟知されている事を前提としています。
 7. 装置に異常が生じた時には、直ちに担当職員まで連絡して下さい。
(Ext:2645、E-mail:chichi@asahikawa-med.ac.jp)
 8. 装置使用後は必ず使用簿に必要事項を記載して下さい。

DNA Sequencer(applied biosystems 3500ジェネティックアナライザ)
 遺伝子解析装置室(2) 内線:2625

レーザー  :  固体レーザー 505nm applied biosystems 3500ジェネティックアナライザ
電気泳動電圧  :  最大20kV
 

装置の概要

 1. キャピラリーへのポリマー自動充填により、面倒なスラブゲル作成は不要です。
 2. 自動サンプルインジェクションにより、連続解析を無人で行います。
 3. 8本のキャピラリーで同時に8サンプルのシークエンスが可能です。
96サンプルプレートを2枚連続でシークエンスできます。
 4. 50cmキャピラリー& POP-7 ポリマーで、ほぼ全ての用途・アプリケーションをカバーできます。
 5. ノーマライゼーション機能によるシグナルの均一性の向上、1200bpまでのロングフラグメント解析能など、フラグメント解析におけるパフォーマンスがさらに高まっています。
 シークエンス解析、フリーソフトのご紹介
  applied biosystems Sequence Scanner ソフトウェア

DNA Sequencer(applied biosystems 310ジェネティックアナライザ)
 遺伝子解析装置室(2) 内線:2625

検出ユニット  :  蛍光波長514~680nmまでをCCDカメラによりモニタ applied biosystems 310ジェネティックアナライザ
光学ユニット  :  アルゴンイオンレーザーによる励起
 :  波長488nmおよび514nm、出力10mW
電気泳動
 パワーサプライ
 :  電圧範囲100~15,000V
ゲルポンプ  :  ポンププレッシャー 1,800psi
 :  バキュウム 21in.Hg
 

装置の概要

 1. キャピラリーへのポリマー自動充填により、面倒なスラブゲル作成は不要です。
 2. 自動サンプルインジェクションにより、連続解析を無人で行います。
 3. サンプルチューブトレイには、48チューブまたは96チューブをセットできます。
 4. 特許の4色蛍光標識法は、1サンプル/1キャピラリの1回の泳動による精度の高いシーケンシングを実現します。
 5. DNAシーケンスでは、600 baseを2.5時間、400 baseならわずか1時間で決定します。
 3. CCDカメラにより多色蛍光シグナルを同時に検出し、目的の波長を抽出します。
 4. GeneScanおよびGeneMapper ソフトウェアとの組み合せにより、リンケージマッピング・突然変異検出・AFLPなどの豊富なアプリケーションに対応できます。
 5. フラグメント解析においては多色蛍光標識により、複数のサンプルとインターナルスタンダードを同時に泳動することができます。