旭川医科大学教育研究推進センター実験実習機器技術支援部門


Information

超遠心機・高速冷却遠心機 遠心機/低温室(実験実習機器センター1 2階)内線:2603      一覧に戻る
 担当職員:阿久津(2620) 副担当:日下部(2623)

利用法

 1. 機器の操作は、原則として利用者が行なうこととしますが、初めての方には担当職員が機器操作の指導をしますので申し出て下さい。
 2. とても危険を伴いますので使用者は取扱説明書を熟読してから機器を運転して下さい。特に次の事項には注意を払って下さい。
  (1) ロータの許容回転数以上では使用しないで下さい。
(2) アンバランス運転は絶対にしないで下さい。
(3) バケット3本のスイングロータは、バケットの(IN)の刻印面を回転中心軸に向けてセットして下さい。
(4) バケット6本のスイングロータは、バケットのフックが両方とも確実にピンにかかっていることを確かめて下さい。
(5) スイングロータの回転前には、必ず運搬用のロータセッタを取り外して下さい。
(6) ロータは静かに確実にロータ軸へセットして下さい。
(7) 運転中異常音が発生した場合は、担当職員に連絡し指示を受けて下さい。
 3. 装置を使用するに当り、消耗品(遠心チューブ等)は使用講座または使用者で用意して下さい。規格等に関しては担当職員に連絡して下さい。
詳細は、分離用超遠心機用ロータ・チューブ・ボトルセレクションガイド(工機ホールディングスWebべージ)をご参照下さい。
 4. 使用後は必ず使用記録をノートに記入して下さい。
 5. 使用後はロータ、チューブ、キャップ、バケット等を洗浄し、乾燥してから元の場所に戻して下さい。
 6. 4℃など冷却して使用した場合は、チャンバー温度を35℃に設定し10分間程度真空引きしてチャンバー内を乾燥して下さい。

遠心理論と遠心力計算

 超遠心機 CP80NXを使用する際、超遠心機本体に収録されているローターカタログ以外のローターで、遠心力RCF(xg)または回転速度N(rpm)を求める場合は、 ご面倒でも下記Webページ(工機ホールディングス)をアクセスして、計算して下さい。
 尚、使用されるローターの回転半径は、ローターのリストをクリックするとpdfが表示されます。 記載されている値を入力下さい。
 遠心理論と遠心力計算(工機ホールディングス ライフサイエンス機器(遠心機)ライフサイエンス関連お役立ち情報)

高機能分離用超遠心機(工機ホールディングス(旧日立工機) CP80NX)

最高回転数  :  80,000rpm 超遠心機 日立 CP80NX
最大遠心加速度  :  615,000G
回転制御精度  :  ±2rpm(1,000rpm ~ 最高回転数まで)
冷却方式 サーモモジュール冷却(フロンレス)
   ローターおよびチューブ類 Rotors and Tubes
ロータ名 最高回転数 最大遠心加速度 チューブの容量×本数
RP-19 A 19,000rpm 55,100G 230ml × 6
RP-42 A 42,000rpm 207,000G 94ml × 6
P-42AT A 42,000rpm 223,000G 0.23ml × 72
RP-50-T A 50,000rpm 252,000G 40ml × 8
RP-50-2 A 45,000rpm
老朽化のため最高速度を下げて使用して下さい。
278,000G 40ml × 8
P-65-AT A 65,000rpm 370,000G 12ml × 10
RPS-40T S 40,000rpm 284,00G 13ml × 6
A:アングルロータ、S:スイングロータ

高速冷却遠心機(工機ホールディングス(旧日立工機) CR21G)

最高回転数  :  21,000rpm 高速冷却遠心機 日立 CR21G
最大遠心加速度  :  48,000G
温度範囲  :  -20 ~ 40℃
 
ロータ名 最高回転数 最大遠心加速度 チューブの容量×本数
RPR-20 A 20,000rpm 43,800G 40ml×8
RPR-20-4 A 20,000rpm 37,700G 50ml×6
RPR-9-2 A 8,500rpm 12,020G 500ml×6
A:アングルロータ

共同機器セミナー 動画視聴(学内限定)