質量分析計 (Mass Spectrometer) 質量分析計室(臨床研究棟1階)内線:2620 担当職員:阿久津(2620) 副担当:千葉(2645)

質量分析計 日立ハイテク NanoFrontier eLD 質量分析計 日本電子 JMS-T100GCV
質量分析計
日立ハイテク NanoFrontier eLD
質量分析計
日本電子 JMS-T100GCV
お知らせ装置の詳細<こちら>をどうぞ

  ◎ 前処理等については、ご相談下さい。

利用法

  1. 試料の測定は利用者からの依頼により担当職員が行ないます。
  2. 前処理(試料の抽出、誘導体化など)の必要な試料は予め利用者に行なってもらいます。
  3. ESIおよびAPCI測定を行なう試料中に塩が入っている場合はイオン化できません。適切な方法により脱塩処理を行なって下さい。
  4. 用意してあるカラム以外での測定を希望される場合は予め利用者にて用意して下さい。
  5. 利用を希望される方は直接担当職員へ連絡して下さい。
  6. 質量分析に関してわからないことがありましたらお気軽に相談下さい。
「はじめてみたいな」質量分析計(学内限定動画)

仕様 更に詳しく
 国立大学法人旭川医科大学教育研究推進センター|〒 078-8510 旭川市緑が丘東2条1丁目1番1号|電話:0166-68-2886
問い合わせ  情報の取り扱い  アクセス  マスコミの方へ 
Copyright (C) 2012 Center for Advanced Research and Education, Asahikawa Medical University.