細胞自動解析分離装置 セルソーター室(実験実習機器センター棟2 2階)内線:2630 担当職員:阿久津(2620) 副担当:日下部(2623)

自動細胞解析分離装置 ベクトン・ディキンソン FACSCalibur   細胞自動解析分離装置 ベクトン・ディキンソン FACSAria II
自動細胞解析装置
ベクトン・ディキンソン FACSCalibur
  自動細胞解析分離装置
ベクトン・ディキンソン FACSAria II
お願い

利用法

  1. 機器の操作は、原則として利用者が行なうこととしますが、初めての方には担当職員が機器操作の指導をしますので申し出て下さい。
  2. 装置の使用は予約制になっています。前週金曜日までに据え付けの予約用紙に必要事項を記入して下さい。 使用希望時間が重なった場合は、利用者間で話し合い決めて下さい。
  3. 試料は測定直前に40μmのナイロンメッシュを通し撹拌して下さい。そのまま測定するとフローセルを詰まらせます。
  4. 試料測定に際し装置およびその周辺んを汚した場合は速やかに清掃をして下さい。
  5. 装置を使用するに当り、データおよび測定プロトコルを保存する3.5インチ(FACSCalibur)またはUSBメモリが必要になります。使用講座または使用者で用意して下さい。規格等に関しては担当職員に連絡して下さい。 FACSCaliburで測定の場合は、測定データを必ずハードディスクへ保存して下さい。MOへの直接保存はトラブルの原因になります。尚、測定終了後は測定データを速やかにハードディスクから使用者のMOディスクまたはUSBメモリへ移動して下さい。許可無くハードディスク上に残しているデータはセンターで消去致します
  6. FACSCaliburで測定の場合、サンプルチューブは専用品以外使用できません。フローサイトメトリー用試験管類より指定品を購入のうえご使用下さい。
  7. 装置使用後は必ず使用簿に必要事項を記載して下さい。
用途の概要

「はじめてみたいな」フローサイトメトリー(学内限定動画)

仕様

 国立大学法人旭川医科大学教育研究推進センター|〒 078-8510 旭川市緑が丘東2条1丁目1番1号|電話:0166-68-2886
問い合わせ  情報の取り扱い  アクセス  マスコミの方へ 
Copyright (C) 2012 Center for Advanced Research and Education, Asahikawa Medical University.