次世代DNASequencer 遺伝子解析室:DNA装置室(3)(実験実習機器センター棟2 2階)内線:2645、2623
 担当職員:千葉(2645) 副担当:阿久津(2620)

次世代Sequencer Ion PGM   Ion Chef(Research Support)
次世代Sequencer Ion PGM   Ion Chef(Research Support)
お願い 利用法
  1. 倫理委員会等に申請が必要な実験は予め申請をお願い致します。
  2. 先ずは、次世代Sequencerの使用についてご相談下さい。 事前打ち合わせにより、実験方法、費用(必要な試薬、半導体チップ、機器使用料)、実験予定をお知らせ致します。
  3. 機器のオペレーティングは全て担当職員が行います。
  4. DNA/RNA抽出、ライブラリ調整まではユーザーの皆様でお願い致します。 (DNA/RNA抽出、ライブラリ調製を含めたサポートをご希望の方は、ご相談下さい。)
  5. テンプレート調製(エマルジョンPCR)、シーケンスは担当職員が行います。
  6. 解析はイオントレントデータ解析の基本として、システム付属ソフトウェアTorrentSuiteをお使い頂けます。 また、CLC bioの解析ソフトCLC Genomics Workbenchも使用出来ますのでご相談下さい。
用途の概要

「はじめてみたいな」次世代シーケンサ(学内限定動画)


 国立大学法人旭川医科大学教育研究推進センター|〒 078-8510 旭川市緑が丘東2条1丁目1番1号|電話:0166-68-2886
問い合わせ  情報の取り扱い  アクセス  マスコミの方へ 
Copyright (C) 2012 Center for Advanced Research and Education, Asahikawa Medical University.