札幌西高等学校スーパーサイエンスハイスクール(SSH)研修につきまして


 札幌西高等学校がスーパーサイエンスハイスクール(SSH:文部科学省による科学技術や理科・数学教育を重点的に行う高校を指定する制度)に採択されたプロジェクトの一貫として、 昨年に引き続き、本年も旭川医科大学 教育研究推進センター 技術支援部 実験実習機器技術支援部門を見学・体験実習していただくことになりました。
 旭川医科大学教育研究推進センターにおけるスーパーサイエンスハイスクール(SSH)訪問研修が実施されている間は、一部利用の制限がされる事となります。
ユーザーの皆様にはご理解とご協力よろしくお願い申し上げます。なお、午前中は、臨床シミュレーションセンターで実習が予定されています。
 

 対応は、教育研究推進センター(船越センター長、鈴木技術専門職員、阿久津技術専門職員、千葉技術専門職員、日下部再雇用契約職員、三本技術補助員)で、各装置の説明と実習が予定されています。
当日は旭川医科大学教育研究推進セン ター実験実習機器技術支援部門の施設の一部に札幌西高等学校の生徒が来られます。

日時:7月13日(水)12:55〜15:15 (実施内容の詳細リンクは、こちら

    (1)12:55〜12:57 センター長挨拶     船越 洋  教 授 教育研究推進センター長(カンファレンスルーム)

    (2)12:57〜13:20  講    演      「先端研究機器で実現する再生医学研究の実際」  船越 洋  教 授 教育研究推進センター長

    (3) 教育研究推進センター 技術支援部 実験実習機器技術支援部門 訪問研修
        (a)13:20〜14:05 遺伝子解析装置     遺伝子の魅力−先端解析装置の操作を体験する        千葉(遺伝子解析室)
        (b)14:05〜14:35 共焦点顕微鏡装置   共焦点顕微鏡を用いて細胞を観察してみる             日下部(共焦点レーザ顕微鏡室)
        (c)14:35〜15:10 質量分析計   アロマオイルの成分を最先端の質量分析装置で同定してみる    阿久津(質量分析計室)

    (4) 15:10〜15:13  質疑応答 竹内 文也 准教授  教育研究推進センター (カンファレンスルーム)

    (5) 15:13〜15:15  閉会挨拶 船越 洋   教 授  教育研究推進センター長(カンファレンスルーム)


場所:教育研究推進センター技術支援部実験実習機器技術支援部門
   3階 カンファレンスルーム
   2階 遺伝子解析装置室
   2階 共焦点レーザ顕微鏡室
   1階 質量分析計室

ユーザーの皆様、大学関係者におかれましてはご理解・ご協力よろしくお願い致します。

連絡先:旭川医科大学 教育研究推進センター・センター長 船越 洋、実験実習機器技術支援部門 日下部(内線:2623)
情報表示専用のウインドウです。使用後は閉じて下さい。