SSHの様子

 2013年1月15日(火)に行われた旭川西高等学校のスーパーサイエンスハイ スクール(SSH)様子です。実験実習機器技術部門から船越センター長、日下部技術専門職員、鈴木技術専門職員、阿久津技術専門職員、千葉技術専門職員、篠河技術補助員、宮川技術専門職員の7名が対応に当たりました。電子顕微鏡、共焦点レーザー走査型顕微鏡、細胞自動解析分離装置、遺伝子解析装置や質量分析計など医学研究の先端機器について、担当職員から原理や使用目的などを興味深く説明を受けていました。
  簡単な講義や機器の説明を聞いたり簡単な実験を体験した時のスナップです。
 
センター長による「再生医学の先端研究」の講演


電子顕微鏡の説明とデモンストレーション



質量分析計の説明と実際のサンプル解析のデモンストレーション


細胞自動解析分離装置の説明と分離のデモンストレーション



共焦点レーザー顕微鏡の説明と細胞多重蛍光免疫染色像観察のデモンストレーション



遺伝子および遺伝子解析装置の説明とシークエンスのデモンストレーション


情報表示専用のウインドウです。使用後は閉じて下さい。