ガスクロマトグラフィ/質量分析法(GC/MS)


GC/MSの模式図
GC/MSの模式図
 質量分析計は高感度で物質の同定能力が非常に勝れていますが、物質を分離する能力はありません。そこで通常測定試料は限りなく純粋に精製して測定します。そうしなければそれぞれの物質が混ざり合った複雑怪奇なマススペクトルが測定され同定どころではありません。しかし精製には時間と労力がかかり、さらに多成分を測定する場合は最悪です。そこで、質量分析計の前にクロマトグラフィを繋ぎ簡単な精製・前処理を行なった試料をオンラインで連続測定可能にした装置が開発されました。クロマトグラフィにガスクロマトグラフィ(Gas Chromatograph:GC)を用いたものがガスクロマトグラフィ/質量分析法(GC/MS)です。 GC/MSの登場により多数試料の連続測定が可能となり、さらに極微量試料の定量も可能となりました。特に環境分野では欠く事のできない装置となっています。

ガスクロマトグラフィー:gas chromatography(GC)

 装置(ガスクロマトグラフ gas chromatograph:GC)は、試料注入口、カラム恒温槽、検出器およびガスボンベで構成されます。検出器の部分を質量分析計にしたものGC/MSです。
 試料は試料注入口で気化された後キャリアガス(carrier gas:通常はヘリウムガス)によりカラム恒温槽内のカラム(column)へ運ばれカラム内の液相または固相で分離され検出器となる質量分析計へと向かいます。


質量分析の部屋