業績など

阿久津 弘明
Hiroaki Akutsu

論文(Publications) Hiroaki Konishi, Mikihiro Fujiya, Hiroki Tanaka, Nobuhiro Ueno, Kentaro Moriichi, Junpei Sasajima, Katsuya Ikuta, Hiroaki Akutsu, Hiroki Tanabe, Yutaka Kohgo,
Probiotic-derived ferrichrome inhibits colon cancer progression via JNK mediated apoptosis, Nature Communications. Article number: 12365, doi: 10.1038/ncomms12365. 10 August 2016.

Sumitomo K, Akutsu H, Fukuyama S, Minoshima A, Kukita S, Yamamura Y, Sato Y, Hayasaka T, Osanai S, Funakoshi H, Hasebe N, Nakamura M,
Conifer-Derived Monoterpenes and Forest Walking, Mass Spectrometry (Tokyo). 2015; 4(1):A0042. doi:10.5702/massspectrometry. A0042. Epub 2015 Oct 14.

Kunisawa T, Fujimoto K, Kurosawa A, Nagashima M, Matsui K, Hayashi D, Yamamoto K, Goto Y, Akutsu H, Iwasaki H,
The dexmedetomidine concentration required after remifentanil anesthesia is three-fold higher than that after fentanyl anesthesia or that for general sedation in the ICU, Ther Clin Risk Manag. 2014; 10: 797-806.

Hiroki Tanaka, Zhen Li, Katsuya Ikuta, Lynda Addo, Hiroaki Akutsu, Masao Nakamura, Katsunori Sasaki, Takaaki Ohtake, Mikihiro Fujiya, Yoshihiro Torimoto, Jonathan Glass and Yutaka Kohgo,
Iron facilitator LS081 reduces hypoxia-inducible factor-1α protein and functions as anticancer agent in hepatocellular carcinoma, Cancer Science Volume 103, Issue 4, pages 767-774, April 2012.

Masao Nakamura, Naomi Shishido, Akihiko Nunomura, Mark A Smith, George Perry, Hiroaki Akutsu, Takaaki Hayashi,
Specific reaction of Met 35 in amyloid beta peptide with hypochlorous acid, Free Radic Res. (7):734-41, 2010.

Masao Nakamura, Naomi Shishido, Hiroaki Akutsu,
Reactions of 1-methyl-2-mercaptoimizazole with hypochlorous acid and superoxide, Jpn.J.Infect.Dis., 57, S34-S35, 2004.
総説(Reviews) 針葉樹林の香りは容易にヒトへ移行する 中村正雄、住友和弘、阿久津弘明、福山秀青、山村祐司、久木田新、佐藤孔亮、長内忍、船越洋、長谷部直幸
AROMA RESEARCH No.59 2014/8月号(vol.15/No.3)Page56-61, 2014年
書籍(Book chapters) 現代質量分析学 阿久津弘明 分担執筆(15章)(高山光男、早川滋雄、瀧浪欣彦、和田芳直 編) 化学同人 Page231-243, 2013年 日本質量分析学会学会誌(J. Mass Spectrom. Soc. Jpn.) 北海道談話会の歴史 岡征子、阿久津弘明, Vol.61, No6, 2013年

シリーズ:質量分析計室紹介 旭川医科大学 質量分析計室 阿久津弘明, Vol.64, No1, 2016年
学会発表・講演(Presentations) 2017年7月 阿久津弘明他 グループディスカッション “やさしい質量分析” 講演
第44回BMSコンファレンス 日本質量分析学会 長浜

2017年5月 阿久津弘明他 “SPME法による森林大気中のα-ピネン定量”
第65回質量分析総合討論会 日本質量分析学会 つくば

2016年7月 阿久津弘明 質量分析基礎講座 “質量分析の基礎の基礎” 講演
第43回BMSコンファレンス 日本質量分析学会 熱海

2016年5月 阿久津弘明他 “森林揮発性物質と森林ウォーキング”
第64回質量分析総合討論会 日本質量分析学会 大阪

2015年7月 阿久津弘明他 グループディスカッション “やさしい質量分析” 講演
第43回BMSコンファレンス 日本質量分析学会 岐阜

2015年6月 阿久津弘明他 “森林ウォーキング後の血中、尿中、唾液中のα-pinene濃度”
第63回質量分析総合討論会 日本質量分析学会 つくば

2014年8月 H.Akutsu et al ”Determination of monoterpene concentrations in the blood and urine using HS-SPME/GC/MS”
20th International Mass Spectrometry Conference, IMSF, Geneva, Switzerland.

2014年5月 阿久津弘明他 “SPME/GC/MS法を用いた血中および尿中α-ピネンの定量”
第62回質量分析総合討論会 日本質量分析学会 大阪

2013年9月 阿久津弘明他 “アミロイドベータペプチドと次亜塩素酸またはタウリンクロラミンとの反応比較”
第61回質量分析総合討論会 日本質量分析学会 つくば

2013年9月 住友、阿久津弘明他 “針葉樹由来の揮発性有機化合物と森林療法”
第61回質量分析総合討論会 日本質量分析学会 つくば

2012年9月 Akutsu et al ”Analysis of modified amyloid beta peptide by Mass Spectrometry”
19th International Mass Spectrometry Conference, IMFS/MSSJ/SCJ, Kyoto, Japan.

2011年11月 阿久津他 “トドマツの揮発成分分析”
MSユーザーズミーティング 日本電子株式会社 (依頼講演)

2011年10月 住友、阿久津 他 “GC/MSを用いた森林揮発物質の同定と血圧への影響について”シンポジウム
第82回日本動物学会 日本動物学会

2011年9月 阿久津、津村、船越、中村 “アミロイドベータペプチドの化学修飾解析”
第59回質量分析総合討論会 日本質量分析学会

2010年12月 阿久津、津村、中村 “活性ハロゲン種によるAβの化学修飾”
TMS研究会講演会 TMS研究会
受賞(Awards) 2010年6月 日本質量分析学会功労賞(MSSJ AWARD for Distinguished Service) 所属学会(Affiliation Society) 日本質量分析学会、日本プロテオーム学会 競争的資金等の研究課題(Research Grants) 血液中エクソソームを用いたタンパク質の網羅的解析
 文部科学省: 科学研究費補助金 奨励研究
 研究期間:2017年度
網羅的翻訳後修飾解析をめざした新しい質量分析適用法の確立
 文部科学省: 科学研究費補助金 奨励研究
 研究期間:2015年度
網羅的翻訳後修飾解析をめざした新しい質量分析適用法の確立
 文部科学省: 科学研究費補助金 奨励研究
 研究期間:2013年度
委員歴(Commission history) 2019年開催 第46回BMSコンファレンス実行委員長
2017年-2018年 日本質量分析学会理事、北海道談話会世話人代表、講習会企画委員
2015年-2016年 日本質量分析学会理事、講習会企画委員
2013年-2014年 日本質量分析学会誌"質量分析"編集委員
2011年-2012年 日本質量分析学会委員、北海道談話会世話人代表、表彰1号委員
2009年-2010年 日本質量分析学会委員、北海道地区担当/北海道談話会世話人代表

表紙
質量分析計 (Mass Spectrometer)